奇跡のホワイトライオン世界猛獣ショー木下大サーカス
トップページへ 割引クーポンのページへ よくある質問FAQのページへ サイトマップへ メールはこちら
公演スケジュールのページへ チケット購入のページへ プログラムのページへ スターに注目のページへ オリジナルグッズのページへ こども広場のページへ 会社概要ページへ
会社概要
ご挨拶のページへ 世界が認めた木下サーカスのページへ 木下社長が世界サーカス連盟の大使に 歴史のページへ 歴史博物館のページへ 象の病院のページへ 受賞のページへ
復興支援のページへ 地域貢献のページへ お客様からの手紙へ 活躍フィールドのページへ 幸福なチンパンジーのページへ 会社情報のページへ

採用情報のページへ

象の病院
タイに象の病院開設
木下サーカスが「タイ・ランパン」に建設した「キノシタ・エレファント・ホスピタル」
木下唯志社長によると、タイでは森林の乱伐ですみかを奪われ、野生象が激減。最新の調査で確認されたのは約6千頭で、10数年前のほぼ半数という。
木下サーカスではワシントン条約で象の売買が禁止された後の昭和62年(1987年)、タイ政府の許可を得てショーに出演する象の契約を結んだ。以降、保護目的で収益の一部を贈り続け、総額が約1千万となったため、病院建築に生かすことで政府と合意した。

ランパンはタイ第二の都市・チェンマイから数10キロ南の村。病院(約600平方メートル)は、象の保護・繁殖施設「国立エレファント・コンサーバティブセンター」内に建設された。最新の手術施設を備え、チェンマイ大学の獣医らスタッフ約10人が常駐。小川やジャングルに囲まれ、治療とリハビリに最適の環境という。
開院直後、ビルマとの国境地帯で地雷を踏み、左前足を失ってひん死だった象が緊急入院。手術をし、義足作りを急ぐなど早速、活躍している。

1999年12月27日、現地で開かれた開院記念式典にはタイ政府の要人も多数出席。木下社長は、ファヤクピチェン観光庁長官から「象の保護を通じ、動物愛護の心と両国の友好を深めましょう」と謝辞を受け、記念の盾を贈られた。

木下サーカスは今後も寄付を続けるという。
木下社長は「象は一番のアイドル。子供に夢を与え続けるため、保護に一層取り組みたい」と話している。

2001年1月8日 山陽新聞(朝刊)より抜粋
(1999年12月27日 完成セレモニー)


タイ国政府観光庁よりの感謝状 地雷で左前足を失い、「エレファント・ホスピタルで療養する象

木下サーカスは、現在AWRC(アジア産野生生物研究センター)の活動を通して、野生動物の保全活動に支援をしております。
アジア産野生生物研究センターのHPへ→ アジア産野生生物研究センターのホームページへ

 

ページトップへ

トップページへ トップページへ